ついに駅員が増員されることに!-第5回団体交渉報告

 首都圏学生ユニオンは、今年1月から、学生駅員アルバイト(以下、学生駅員)の待遇改善を求めて、小田急電鉄株式会社と団体交渉を継続しています。先日、第5回目の団体交渉があり、その場で会社側からいくつか前向きな回答を得たので報告します。これまでの小田急電鉄と争議については、過去のブログ記事をご覧ください。  小田急電鉄との団体交渉は現在も継続中ですので、小田急で駅員として働いている学生で、駅員バイトによって学業に支障が出ている、未払い賃金があるなどの問題を抱えている方は、お気軽に学生ユニオンにご相談ください。相談無料・秘密厳守です。 駅員が増員されることに    小田急線のある駅では、慢性的な人員不足のために自然災害や人身事故による電車遅延などで学生アルバイトが数時間の残業を強いられ、授業に出られなくなるなど学業に支障をきたしている現状があります。そのため、学生ユニオンは当初から、各駅に十分な正社員を配置するように小田急電鉄側に求めていました。小田急は、最初は「人員配置は適正だ」と頑なに駅員の増員を拒んでいましたが、争議を継続することで態度が変わり、前回の団体交渉では「正社員配置の員直しを進める」と約束しました。そして今回の第5回団体交渉では、学生ユニオンの組合員が働く駅で駅員が各時間帯に一人ずつ増員されることになりました。人手が増えることで学生駅員の負担が減り、残業を強いられる環境も改善されることを期待します。   学生は残業を拒否できるという文章が、教育の資料に書かれることに  …

続きを読む