【小田急争議】駅員の配置人員の全社的な見直しと全社的な未払い賃金の支払を約束!!

 学生ユニオンは、小田急電鉄と学生駅員の待遇改善を求めて団体交渉を継続しており、先日第4回目の団体交渉がありました。これまで非常に固い回答をしてきていた小田急電鉄ですが、第4回目の団体交渉では大きな成果がいくつかありました。  成果の具体的な内容としては、①配置人員の全線的な見直しを約束し、また交渉に参加している学生ユニオン組合員の勤める駅については人員補充を含め検討するとの回答がありました。②勤務前の準備時間や新人研修のせいで発生した残業に対する未払い賃金を全アルバイトに対して支払うことを約束しました。  これはこの間、SNSや新聞で問題を広げ、また駅前や本社前で宣伝を繰り返してきた成果であり、問題の拡散にご協力いただいた皆様のおかげでもあります。ありがとうございました。引き続き、ぜひご支援よろしくお願いいたします。 また、小田急の学生駅員の方は、学生ユニオンの組合員になっていただければ小田急電鉄との団体交渉に参加し自身の勤める駅の問題について改善を求めることができます。一緒に、小田急電鉄を学生駅員が働きやすい会社にしていきましょう。 大きな前進のあった第4回団体交渉 さて、第4回目の団体交渉について更に詳しく報告したいと思います。これまでの団体交渉の詳しい内容については、以前に書いたものを参照いただきたいのですが(「小田急駅員バイトの実態」)、学生ユニオンの主な要求は以下のようなものになります。 ① 人員不足のために電車遅延の際など学生アルバイトが数時間の残業を強いられ…

続きを読む